自民党の安倍総理、都民ファーストの会の小池代表の演説は都民に向けた政策の演説で当然なのですが、民進党の蓮舫代表と共産党の志位委員長は政策より安倍政権の批判をしたかっただけの様です。

ただこれはある種支持層のニーズに合っているのかもしれません。民進・共産党に関しては政策なんかより安倍自民の反対者層を取り込むのが狙いなのでしょう。

今の自民党が長期政権で緩みまくっているのは事実ですが、そこを政策で切り崩していく政党がいないというのが悲しいですね。
消去法で選ばざるを得ない選挙はいつまで続くのでしょうか。