これは没案になった設定だそうなので本編とは違う可能性もあります。
作者の説明によると、本名は”綾崎マリア”でハヤテの腹違いの姉で、恋愛モノの設定的に名字を隠すことになったようです。
ハヤテの両親は酷いキャラで有名でしたがその親に捨てられたようです。相変わらずひどい親ですね。

マリアさんと言えば当初はヒロインの一角でハヤテも憧れていたお姉さんっぽい描写でしたが本当に姉だったのですね。
作品の後期では段々影が薄くなって行きましたが、それに伴いこの設定も使われなくなった様です。