6月中旬となれば通常国会の会期終了となり、官僚の方はまさに大詰めで答弁資料を作成する為に国会に待機して夜遅くまで働いています。
今国会は共謀罪の審議などで国会会期の延長の可能性も高まり、実際に延長されればさらに飲み会どころでは無くなるでしょうね。

シンプルながら誰も文句言えない断り方です。
これで行けたら行くわとか言われたら逆に困りますね。
とんでもない使命感のある仕事ですね。国を動かす仕事に就くとはこういうことなのでしょう。