このバスに乗っていたお客さんの大多数はシートベルトを着用していたそうです。
また、記事を読んでいくとシートベルトを着用していたおかげで命を救われたと証言しています。
この事故を受けて改めてシートベルトの大切さを再認識した人も多いと思います。

このバス会社は昨年の長野県で起きたバスの事故を受け、シートベルトの着用の呼びかけを徹底していたそうです。
こうした呼びかけやお客さんも着用していたおかげで、最小限の被害で済んだのではないかと感じました。

よく、バスやタクシーまたは乗用車の後部座席に座っている人は着用していないのを見かけますが、この事故を教訓にシートベルトの着用を徹底してほしいと思いました。