一般家庭の壁に貼ってある注意看板ですが、監視してユーチューブで流すぞっていう皮肉の利いた警告ですね。
まぁ実際に流されてもバンされるのでしょうが、監視されてると知ったらここで立小便はもうできませんよね。

エストニアのIT教育は日本とは比べ物にならない程進んでおり、小学校の授業でプログラミングが既に必須科目に組み込まれています。
またリテラシー教育もこの頃から徹底され、ベンチャー企業の起業率の高さはヨーロッパ随一と評されています。
Skypeもエストニアで開発されたそうです。初めて知りました。

人口も資源も少ないエストニアではITこそ国が生き残るための武器なのですね。