バトミントン普及のために私費を投じて、ここまで努力して、選手の賞金にも協会は手をつけずに、選手に還元していたんだね。ここまで選手のためを思って、バトミントンのことを思って頑張って働いてきたのに、今回の騒動は本当にキツイですね。
深い思い入れがあっただけに、飼い犬に手を噛まれたような、悔しさがあふれる思いだったのでしょうね。