ツイッターなどのSNSは直接相手に要望を送れるので、ファンの場合は出演俳優や制作陣に感想を送りたいと思いがちです。
しかし番組はテレビ局の上層部の人間が制作決定の指揮権を持つので彼らに要望が届かない限りそれはあまり効果がないというわけですね。

確かに多くの番組を抱えているテレビ局にとって上層部の人間が一つの番組のツイッターやブログを逐一チェックしているとは考えにくいです。
メールの場合は社内会議で視聴者の要望として取り上げられるので上層部に直に届けやすいということですね。

これはテレビ東京の場合ですが、他の局でも有効な様です。
皆さんもどうしても復活して欲しい番組はテレビ局の公式のメールフォームに届けて見てはいかがでしょうか。