いかがでしたでしょうか?重い機材を抱えて街へ繰り出す市原隼人さん。みたもの、写したいものをパシャパシャとひたすらにカメラに納める姿。写真にかける熱が違いますよね!さらに、その枚数は1000枚を越える日もあるようです。

さらにすごいのは、撮った写真は全て確認し、どれが一番良かったのかを自分で見定めるそうです。レンズの特徴もしっかりと熟知しており、場面場面に合わせたレンズを使用して写真を撮影しておられます。そんな姿にファンがまた急増しそうですよね!