見事なオウム返し合戦ですね。見てて飽きないです。

実際のオウムと違いオウムの玩具は自分からは音を発しません、つまりオウムが何気なく発した音に反応して返しているのです。
そして実物のオウムはその音にオウム返しします。
その繰り返しでループ状態になっちゃうんですね。

玩具オウムは電池が切れない限り延々オウム返しし続けるでしょう。
途中でこいつは何かおかしいと気付いたのか鳴くのを止め、最後は真似するなよと突き落としてしまいました。
流石のオウムもオウム返しされてとイラッとしたのかもしれませんね。