情けは人の為ならずということわざがありますがこれは情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよという意味になります。
周りに親切にすることによってどこかで報われることがあり、それを体現しているとも言える内容となっていますね。

なかなか急いでいる時にこういった行動を取ることができない人は多いと思いますがこういったときほど周りをよく見ることが大事であり、大切にしたいことですね。