【痛ーいwww】と思わず絶叫したくなるデッドボールの瞬間

時速150キロ以上のボールを投げるピッチャーが珍しくない、メジャーリーグの世界で顔面に豪速球が直撃する悲劇に見舞われたのは、フィラデルフィア・フィリーズのジミー・ロリンズ選手です。ちなみにジミー・ロリンズ選手は、2007年にナショナルリーグMVPを受賞したこともある名選手です。

駿介

@S3Syun

まず一枚目デッドボールだね 二枚目デッドボールだね 見えてたよパターンパターン と思わせといて 三枚目ワイジャパニーズピーポー 絶対あたってないだろ

2015-11-19 22時49分

これはまさに、笑撃的な画像ね⁉️
おい、それは選手に失礼だろ
そうかしら?、でも野球の痛ーいwww、場面って第三者的に見ると笑えるんですけど。でも、今はカメラの性能が向上して、スーパースローの映像とかも高画質化してるから、こういうシーンも以外にスーパースローで見たら、芸術的に見えるかもしれないわね
選手には『ごめんなさい』だけど、衝撃のデッドボールシーンのスーパースローコンプリート映像集見たいかも

この記事のライター