本の未来を考えて、いい本を安く売ってほしい。この方の言いたいこともわかりますが、もし本がたたき売り同然に安くなってしまうと、著者に入ってくるお金も減ってしまうはず。そうなってしまうと、「こんなに心を込めて書いたのに……」と筆を折ってしまう著者もいるのではないでしょうか。
そんなことになれば、本の未来は閉ざされてしまうはずです。

いい本だからこそお金を支払う、という気持ちで本を購入したいものですね。