このマクドナルド理論は、ランチタイムだけに使える理論ではありません。会議やプロジェクトなど、仕事関係のことにも通用します。もちろん、ビジネスの場で「マクドナルドは~」なんてことは言いません。

――今考えられる選択肢のうち最低のものを提案する。たったそれだけで良いのです。そうすれば、皆「それはダメだ。こうしよう」と話し合いが活発に円滑に進んでいくのです。

ランチ以外にも使えるマクドナルド理論。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。