王蟲は風の谷のナウシカを語るうえで外せないものであり、ある意味作品の象徴的なものと言えます。
普段は大人しいですが時に凶暴な一面を見せるといったことがあり、人間にとっては脅威になりうる存在です。
王蟲を一度は見たことがある人ならこのたけのこは間違いなく王蟲に見えるのではないでしょうかw

こういった偶然あるものが別のものに見えるといったことがありますがまさにその例えと言えますね。
これを食べる勇気がある人はなかなかいないのではないでしょうかw