「あなたのお気に入りを焼いてきてあげたよ」という店員さんが持ってきたのは、なんとさっき綺麗だと言っていたあのナマズでした。まさかの変わり果てた姿に、唖然としてしまいます。まさかさっきのあのナマズが焼かれてしまうだなんて、誰しも想像しなかったことでしょう。

あのまま綺麗なナマズのママでいてほしかった。しかし、もう戻ることはできません。すごく切ないですが、美味しくいただくことが、このナマズにとっても最高の結果なのかもしれません。