ジブリの名作『千と千尋の神隠し』が公開されたのは2001年、いまから16年も前なんですね。アカデミー賞をとったりと当時から高い評価を得ていましたが、今でもその人気は衰えていないようですね。

こちらの動画では、ホワイトボードに書かれた『千尋』という名前の『尋』の字に水を垂らすと、浮き上がって分解してしまいます。千尋が湯婆婆に名前を奪われてしまう印象的なシーンですが、同じようなことが再現できるとは、驚きですね。

こういうことができるなら、ホワイトボードにたくさん文字や絵を描いて、一気に水を垂らすとどうなるのでしょうね?すごくにぎやかなことになりそうで、一度試してみたいですねw