絵や漫画を描いている人はどうしてもクオリティの高いものを求めるあまりペンが進まないことがあります。
しかしある程度量を描いていかなければなかなか上達せずに結局泥沼になってしまう場合があります。
これは絵や漫画だけでなく様々なことに対しても応用できそうですし、質より量を描いていくことが大事かもしれないですね。

考えすぎるよりもまずいろいろ描いてみて切り替えをしっかり行っていくことが大事ですね。
描き始めの頃は特にクオリティの高さよりもまず描いてみるのがいいですね。