火垂るの墓は幼い兄妹が終戦前後の日本で必死に生きている姿を描いており、それにより見ている側も様々な感情を抱きます。
戦争が物語に関わってくるため内容としては非常に重たいものとなっており、考えさせられる部分も多いです。
しかしこの漫画はそんなことを一切感じさせない全くの別物と言っていいですねw

登場人物は一緒ですが中身は全然別物と言えますがこれはこれである意味面白いですねw
これくらい強い節子なら終戦前後でも生き続けられそうな気がします。