マンガ全体に漂う「せつなさ」と「ハードボイル」が混じったような雰囲気。
これはクセになりそう。
しかし、一歩間違えれば、爆発?だってあったかも知れません。
諦めも必要ですね。。。