練習で実際に爆発する手榴弾を使用するのって、けっこう怖いですね。そこそこ練習を積んだ上で本物にトライしているのかもしれませんが、どうしたことかすっぽ抜けてしまったようです。

自分の投げた手榴弾が自分の陣地に転がるのは、コントだと面白いかもしれませんが現実だとシャレになりません。

しかし、上官の反応は素晴らしいですね。まさかこういう事態に慣れていたりするのでしょうか?wなんにしても、訓練生を即座に塹壕(身を護る溝)に引っ張り込んでいます。頭から突っ込んでいて、そのうえ練習生が覆いかぶさってきてるので、けっこう痛いハズです。

それを微塵も感じさせず訓練生をフォローしている様子には感心してしまいます。

ただ、投擲方法の教え方についてはちょっと疑問が残ってしまいますwそもそもこうならないように教えないといけませんねw