カップにメッセージが書かれていたり、簡単なイラストが描かれていたりしますが、特徴のある髪型やメガネ、帽子など、覚えてもらいやすいファッションだと描いてもらいやすくなるようです。

最近はカップの底に書いてくれることがあるようで、中身を飲み干したときに絵や文字が見えるそうです。嬉しくて気分が上がりそうですね。

海外のスターバックスでは出来上がったコーヒーを渡し間違えないように注文のときに名前を聞いて、カップに名前を書く国もあるそうです。これは日本ですると検尿カップのようになるのでやめたほうがいいですね。