太陽が真上から当たっているからポールの影が無く、てっぺんの明るさとは対照的に側面は薄暗くて、なんだかのっぺりとして見えますよね。ポールだけではなく、小さな段差の影もありません。一方、車などには影が落ちているので、ポールだけ影をつけ忘れてしまったゲームみたいに感じてしまうのですね。

日常で影があるのが当たり前の人にとっては、影が無いというのは違和感があるのではないでしょうか?w

この現象はラハイナ・ヌーンといい、北回帰線と南回帰線の間にある地域に起こる現象なのだそうです。ハワイでは5月中旬から5月末、7月中旬から7月下旬に観測できるそうなので、旅行の予定がある方はぜひ意識して見てみてはいかがでしょうか?