風見しんごさんの長女えみるさんは、自宅からわずか100メートル離れた場所で無謀なトラックに轢かれて亡くなりました。まだたった10歳でした。えみるさんは青信号で横断歩道を渡っていました。何の落ち度もない子どもが何故亡くならなければならなかったのでしょうか。

その後、風見しんごさんは悲しみを抱えながら、交通事故で辛い思いをする親子がなくなるようにと交通安全を啓蒙する講演活動などを行っています。

風見しんごさんの強い思いと悲しみが伝わってくるメッセージです。これを見て親子で話し合ったり、大人は通学路で子どもに声をかけたり見守っていければいいなと思います。