昔からカスタネットだと思っていて、しかも幼稚園や小学校でも普通にカスタネットとして教わっているはずなので、本当に驚きました…。
ミハルスは日本舞踊家の千葉みはるさんが1930年ごろに考案したもので、それをもとに改良をしていったのが現在の赤と青の教育用カスタネットなんだとか。
当時は学習指導要領にもミハルスの名前で記載されていたらしいのですが、現在だとその事実すら教育の現場で知っている人がほとんどいない状態だと思います。
カスタネットをもとに考案されたミハルスを更に改良してできたのが教育用カスタネットなので、カスタネットと別物とはいえ親戚のような感じですね。