犬は人に対して従順で可愛いいし、猫は自由気ままなところが可愛いと言いますが、寝るときも例外ではないようです。
特に猫は夜行性なので夜に動きが活発になり、飼い主を困らせることもあるようです。

ただ、猫にも個性があり、おとなしく飼い主に添い寝する猫もいますし、猫は加齢とともに寝る時間が増えるので、夜暴れることも減っていきます。暴れるのは猫が若くて元気な証拠とも言えます。

犬でも小型犬は猫に近い性格の犬種もあって、自由気ままな行動をとる犬もいるそうです。
それぞれ個性があって一緒に暮らしてみないと、寝るときの癖までわからないのは人間も動物も同じですね。