容姿は気になるもので、それが遺伝なら諦めるしかないですが、方法があるならやってみたほうがいいですね。他にも口呼吸することで喉が乾燥して風邪をひきやすくなったり、虫歯になりやすかったり、いびきの原因にもなるそうです。睡眠時無呼吸症候群の原因とも言われています。癖になってしまうと治りにくいものですが、日頃から鼻呼吸を心掛けたり、顔体操や顔ヨガをしてみたりすると良さそうです。

特に骨格が定まる前の成長期にある若い人は、口呼吸にならないように気をつけたいですね。大人の場合、残念ながら、鼻呼吸をしても顔の骨格を変えることは難しいようです。でも、健康のために大人も鼻呼吸にしたほうが良いことに違いはありません。