F1では、レースの途中にタイヤの交換をするシーンをよく見かけますが、高速で走るためにタイヤの消耗が激しいのと、雨や日差しなどに対応するたタイヤ交換をするのだそうです。

タイヤを変えるのはピットというところで、そこでメカニックの方がものすごい速さでタイヤ交換などをされるのですが、どうしても走行タイムがロスしてしまうのは否めません。

レーサーの方が0.1秒でも早く走ろうとしている中、ピットでもたついてしまってはレースは台無しになってしまいますが、このチームは1秒台でタイヤ交換をやってしまうと、神がかった技術に世界が注目しているようです。