『ワンピース』は、1997年から連載が続いており、単行本の発行数は国内で3億部以上。今や世界的にも有名な漫画です。

そんな桁違いな漫画を描き続けてきた尾田栄一郎氏だからこそ言える言葉なのでしょう。すさまじい説得力があります。

ですが、漫画家の入り口である31ページに対して、漫画家になってからの年間900ページという現実には、愕然とさせられてしまいます。

このコメントを見て、一層強く漫画家を志す人もいれば、漫画家を諦めてしまう人もいそうですね。