暦の上では、2月4日が立春でこの日から春だと言われていますが、その頃雪が降ることも珍しくなく、まだまだ冬真っ只中でとても春とは思えませんよね。

桜が咲くころになると、やっとポカポカと暖かい日が増えてきて、やっと春がそこまでやってきたと実感するのではないでしょうか。

桜が咲き始めると、最初に咲いた桜を羨ましく思いますが、最後に咲いた桜のニュースを見ても、きっと今咲いている桜を羨ましく思うはずです。

それだけ、日本人は桜の花が大好きで、『桜の花が咲く』という景色にときめく人種ではないでしょうか。

桜の花に癒されたり勇気づけられたり、日本人にとって桜は心の拠り所的存在なのかもしれませんね。