とてつもない数の1円玉が積まれて出来ているこの作品を見るとどこか違った世界の物に見えます。確かに出来上がった時の心境はどうでもいい世界が見えるってわかりますよね!これだけの数を積み上げるには相当の集中力が必要だと思います。
だけどこれを作り上げるのにどれくらいの数の1円玉を使ったのでしょうか。この塔って総額いくらかかっているの?1円玉を集めるだけでも日が暮れそうで、はたしてどうやって両替したんだろう・・・?気になるところです。そしてこの作者は何のために何の目的でこれを作ったのかな?