強迫神経症は、強迫観念や強迫行為といった強迫症状を主症状とする神経症の一つで強迫性障害とも言われます。
自分でもしょうもないこととわかっていても不安が募ってきてやめられないことが特徴です。
子供の頃からこのことに悩んでしまう場合があるので気を付けなければいけません。

ただ数字だけで考えてしまうとわかりにくく理解できにくいのかもしれないですね。
子供にもわかりやすいように物などで例えて理解しやすいようにするのが大人の務めかもしれないですね。