ピカソと言えば、絵のことがわく分からない私でも知っている画家で、なんだかよくわからない絵の下にはものすごいデッサンが隠れていると聞いたことがあります。

この絵はピカソが8歳の時に描いたデッサンなのだそうですが、もともとはお父様が画家で、リンゴの絵を描かせたのが画家への道の始まりのようです。

それにしても、8歳でこんなのが描けるなんて!幼いころの自分の絵を思い出すと『子供らしくて、これくらいの絵でいい。』と言い訳してみたくなりました。