そもそも原作の世界観があるので、キャスティングがイメージと合わなかったり、ストーリーなどを変更したりして、実写化をすることで大不評になって終わった作品もたくさんありますよね。
「図書館戦争」は実写化されたなかでも成功した部類に入るのではないでしょうか。
原作ファンやアニメファンを大事に、イメージを壊さないように演じてくれる姿勢は、きっと観る人にも伝わりますよね。