独特の世界観や素晴らしい画力で人々を惹きつける漫画、「ジョジョの奇妙な冒険」。長寿漫画ではあるものの、どの回を読んでも読み飽きない、そんな魅力のあるストーリーを描き続ける荒木先生。そこには人の心について深く考えられながら描かれているからでもあるんですね。

強い人っていうのは悪いことをしない。悪い人っていうのは悪さを攻撃にかえる人。本当にハッとする言葉ですね。本当に怖いのは人の心である。人間の気高さと精神論を描き続ける荒木先生。これからの活躍も本当に楽しみです。忘れられない言葉になりそうです。