数日前に起きたホームランを二塁打にしてしまった幻弾少年は、世間からかなりブーイングされ、きっと周りの人からも怒られたりしたのではないかと思いましたが、当の本人である山田哲人選手は責めることも怒ることもせず、少年を気遣いエールを送ったのです。

野球のルールはよくわかりませんが、ルールをよく知っている人でも、もしも目の前へボールが飛んできたら、きっと興奮してそのボールを取ってしまうかもしれません。

そんなミスを犯してしまって、しょげ返っている少年を観た山田選手は『またグラブ持って応援に来て』と言い、プロになって『あんなことがあったね』と話そうと応援したのだそうです。

山田選手のことはよく知りませんでしたが、この少年に光を当てて道を開いてあげたような素敵な人だと思い、これから彼を応援していきたいと思いました。