世界最大の花のラフレシアが、こんな所から生えちゃったwww

世界最大の花として日本の植物園でも人気のラフレシアは、茎も葉も根もない寄生植物で、寄生する木はブドウ科の植物の一種で、糸状の細胞をその根に食い込ませて栄養をとるそうです。通常は木の根や地面から顔を出すのですが、この画像では木の幹から顔を出す珍しい写真です。

カラサワ

@cxp02120

ラフレシア。寄生植物だから何も地面に生えてるとは限らないわけだが、しかしこういう風に生えてるとちょっとまた不気味。

2015-11-11 04時09分

ラフレシアってすごい綺麗だけど近くまでいって見ると、エイリアンがパックリ口を開けているみたいに見えるんだよね。
俺にはエイリアンっていうより、ゴジラに登場した花獣形態の時のビオランテの仲間に見えるよぉwww
ビオランテって何よ!?、それはあとでググるとして、この画像って未知の惑星に不時着した設定のSF映画の一場面に登場しても、不思議ではないという事だけは言えるわね

この記事のライター