しっかりハクと千尋は会えていたんですね。ハクはあのあと八つ裂きにされてしまったと思っていた方も多いのではないでしょうか。

意味深なシーンでの終わりとなりますが、この小川はハクであり千尋もなんとなく気が付いているような素敵なシーンですね。一度あったことは思い出せないだけで忘れはしない。本当にその通りだとわかるラストです。ハクのファンはとても多いですからこのラストはとても感動的なのではないかと思います。
何度見ても考えさせらる千と千尋の神隠し。今後も名作として残り続ける映画だと思います。