先生の母親に対する答えは、「思春期の子が親にゲイであることを相談するなんて、よっぽど信頼していないとありえない」と言っています。たしかに、自分がゲイであることは仲の良い友人にすらなかなか言えないことなのに、身内である母親に打ち明けるということはよっぽど母親のことを信頼している証なのでしょうね。

この母親は、息子がゲイであることをどうすれば良いか困惑していますが、ゲイであることを告白されたことは、すごいことで喜ぶべきことだと気付くべきなんですね。なんだかとても温かい気持ちになります。