日本人的な感覚で言うと慣れてしまっているので気になることってすくない気がしますが、海外の人なんかで日本語勉強中だったりするとこれらのふりがな、ルビはかなりディープで頭を悩ませることでしょうw
DEEP-FURIGANAという名前がついているとは初めて知りました。

逆に英語を洋楽の歌詞カードで勉強するといいとか言われてやってみたら歌詞カードの日本語が意訳でめちゃくちゃだったみたいなこともあったりするので同じような感じなのでしょうかね。
言語を習得するのもなかなか大変ですね。