江戸時代には孔雀を眺めながらお茶を飲むことができる茶店があったそう。孔雀はサソリや害虫を食べてくれることからも、邪気を払ってくれるとして孔雀明王という神様としてあがめられることもあります。
美しい飾り羽に、いつの時代の人々も魅了されてしまうのですね。