こねて丸めて焼いて、最後に顔を描く…というシンプルな作業だと思うのですが、こういったシンプルな作業はごまかしがきかない為、手先の器用さとセンスの良さがより一層ものを言う…という感じになってしまうんでしょうね。

パンは捏ねが足りないと生地がのびない為、ボソボソしたものになってしまうのですが、もしかしたらこれを作った人も捏ねが足りなかったのかも。
扱いにくい状態の生地だと綺麗に生地を丸めたりすることが出来ない上に、焼き上がりの見た目もツルンとした感じにはなりません。
私も以前はよくパンを作っていましたが、これだ!と満足する生地にはほとんどなったことがないです(笑)