スヌーピーの漫画で、あるキャラが途中から消えた理由がコワイんだが…

全世界で愛されているキャラクター、スヌーピーが出てくる漫画【PEANUTS】に、シャーロット・ブラウンというキャラクターがいたことをご存じでしょうか。ちょっとうるさくてウザいキャラクターだったため、読者の不評を買い、わずか10回しか登場しなかったのです。そのことに関しての作者のコメントが意味深で、ちょっと怖い。

くりは

@_krieq

スヌーピーが活躍することで有名な漫画PEANUTSの作者シュルツ氏が、読者の手紙に対して返信を行った手紙がある。読者は、新しく登場した厚かましくて嫌なキャラクターについて不満がある、と送付したのだった。作者の返事はこうだ。

2016-02-26 21時01分

気に入らないからと言ってその子を殺していいのかい?というニュアンスなのかしらね。なんだかいじめに対してのメッセージのようにも取れるね。漫画という創作物の中で、気に入らなければ消される。現実では気に入らなければ消す、といったことは簡単にしていいことじゃないからね。
うーん。確かに、消すまでしなくってもいいのにな~とは思うな~。その子のことが好きだっていう人が現れないと、また登場できないっていうのも切ないよね。

この記事のライター