もしこの男性がTwitterの通知音を消していたり、Twitterを後回しにしていたらと思うとゾッとします。

Twitterに限らず、ネット上での書き込みは匿名性の高さが原因で「悪目立ち」することも多く、いい印象を受けない世代の方もまだ沢山います。
しかし、今回のツイートのように、情報を共有することにより傍に誰かがいなくてもリアルタイムに誰かを助けることが出来るのだと思うと、まだまだ捨てたもんじゃないなあと感じますね。