内容が内容なだけに笑ったら不謹慎なのかもしれませんが、完全に笑わせに来てますよね(笑)

何かが起こっている時って必ず「誰かが何とかしてくれてるはず」って思ってしまうんですよね。まあ、大抵の場合は本当に誰かが消防車なり救急車なりを呼んでくれていたりしますが…。
でも、この「誰かが」っていうのは不確定要素なので、この漫画のように誰も何の対処もしていない場合だってあり得る訳で…。声を掛け合うことって大切だなーって実感してしまいます。まずは自分が動かないといけませんね!