鹿嶋神社の鳥居は普通の鳥居じゃない!その理由とは!?

兵庫県にある鹿嶋神社は、聖武天皇の時代に建てられた歴史ある神社。その神社の前にある大きな鳥居が、普通の鳥居とはだいぶ違うと話題になっています。鳥居といえば赤い色のイメージですが、なんとこの鳥居は鋼色。それもそのはず、こちらの鳥居はチタン、金属を使用して作られているのです。

神楽坂つむり

@tsumuri_f5

今日一番の衝撃 「あの鳥居なんか金属っぽいね。マグネシウムとかスカンジウムだったりして(笑」 「まっさかー(ググる)」

2016-02-26 23時01分

ひー!とっても強そうwwwさっそくホームページを拝見してきました。平成10年に超合金であるチタンを使用して建立したそうです!すっごい耐久性にビビりますねwww
どうせならずっと残るものにしてやろう!と思ったのでしょうか。すごい発想ですよね。チタンを使って鳥居を作ろうだなんて、なかなか思いつかないことだ思いますよ。僕も一度は実際にこの目で見てみたいな~。

この記事のライター