あなたには何に見える?ありふれた日常に隠れた動物たち

いつも見慣れているはずのモノが、ちょっと見方を変えるだけで、違うものに見えてしまう。そして一度そのように見えたなら、ずっとそういうふうにしか見えなくなる…。例えばドアノブ。いつもなんとなく目にしているものなのに、「アヒル」と言われてしまうと、もうアヒルにしか見えなくなります…。

こまつたかし・十三夜

@nostudio_t

以前、トイレのこいつはアヒルではないかと気になってる、とのツイートをしたが、最近はこの“空に憧れるウサギ”のことも気になってる。

2016-02-21 16時15分

本当だー!アヒル!そして空にあこがれるウサギ!!すごい!ウサギには気が付かなった~。もうこれからウサギにしか見えなくなるな…。マンホールが人の顔のように見えたり、缶ジュースのタブがウド鈴木に見えたり、一度気が付いてしまうと見るたびにふふってなるわww
頭がやわらかいと、こういう見方を変えてモノを見るっていう行為が自然とできるんだろうな~。僕は普段からガッチガチの固定概念の固まりなので、言われるまで気が付きません。

この記事のライター