確かに「メイは実は死んでいる」という暗い内容の都市伝説を嬉々として話すよりも、サツキとメイのお母さんもトトロに会っていたんだよ!という前向きで夢のある創作話をした方がモテる感じがします。
トトロの事を知っているという前提でもう一度映画を見てみると、また違った雰囲気で楽しむことができそうです。トトロのことが書かれた手紙を見ても「トトロ?」という感じにはなっていませんでしたし。
何度見ても新鮮な気持ちで見ることができるスタジオジブリの作品は、やっぱり凄いですよね。