メキシコで病気になったらとにかくコーラを勧められる?!

日本ではコーラといえば清涼飲料水、ジュースという認識なので、飲みすぎると糖尿病になるとか、骨が溶けるといったネガティブなイメージを持たれることもあります。しかし、外国ではちょっと様子が違うようです。もともとは頭痛薬として発売されたコーラ。なので、体調不良の場合にコーラを勧めてくることが多いそうですよ。

モイライ

@moiraimoirai

「欧米ではコーラが薬は常識 コーラで下痢や吐き気が治るらしい 」という記事を読んだのですが、メキシコも確かこんなだったという4コマ。

2016-02-21 14時58分

へー!そうなんだ!知らなかった!!コーラの歴史については、昔はコカインが入っていたってことぐらいしか知らなかったので、ちょっと調べてみました!もともとはモルヒネ中毒を和らげる飲み物として作られたそうですよ!とっても意外です。
コーラおいしいよね~。夏になるとやたら飲みたくなるんだよな~。メキシコはコーラの消費量が世界一といわれるほど、とにかくコーラを飲むんだって。メキシコのコーラはどんな味がするのか気になりますね。

この記事のライター