言いたいことは分かるのですが、イマイチこう…もやもやが晴れない感じがするのは私だけでしょうか。気落ちしていた旦那を、回復するまでの数年間支えてきましたが…これも痛みを引き受けるうちに入るのかな…?いまだに本当の愛がなんなのかよく分かっていません。ただ、辛いことも悲しいことも共に笑いあいながら乗り越えていけたらいいなあと思います。健康に気を付けて、できれば孫の顔を見られるくらい長生きして、旦那を看取ってから「来世でもよろしくお願いいします」とお迎えに来て欲しいです。