京都府警の強行突破がまるで極道…ガラの悪さに賛否両論!

先日、霊感商法の詐欺の疑いで男性三人が逮捕された事件があり、その逮捕劇の一部がテレビで放送されました。京都府警は犯人が玄関を開けなかったため、ベランダから「開けろや!」「コラァ!」と怒鳴り散らし、コンクリートを投げつけて窓ガラスを割り、部屋に踏み込んだのです。これには「怖い」「ガラ悪い」など批判する声も上がっています。

ぴの

@ppuripha

開運グッズ販売の男ら逮捕。 東京で容疑者宅に押し入った京都府警。 ベランダによじ登りコンクリートブロックで窓を叩き割り暴言を吐く。あまりのガラの悪さに近所の住民から通報され、あわてて警視庁に弁明(笑)。

2016-02-16 19時51分

私はこの放送見たときに、「え?!なんで玄関から入らないの?マスターキーとかないのかな?」って思った。だって本当に怖かったよ。私が犯人だったらおしっこちびっているかもしれないwww
近所の人も、あまりの怒号に不安を感じて、警察に通報した方もいたようですし、そうとう怖かったんでしょうね。でも、警察の方もナメられたらダメ!みたいなところもあるでしょうし…。うーん、難しい。

この記事のライター